【第五人格】探鉱者の立ち回りと能力

アイデンティティV第五人格(IdentityV)に登場する新サバイバー「探鉱者」(地質探査員)の先行情報をいち早く掲載しています。「探鉱者」(探査員)のプロフィール、外在特質(スキル)を掲載しています。能力の詳細やストーリーを知りたい方はぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

探鉱者のプロフィール

おすすめ度
本名 ノートン・キャンベル
性別
職業 探鉱者
使用アイテム 隕石磁石
解放条件 3,568
688
探鉱者 ノートン・キャンベルの主な特徴
・磁石を投げて他のキャラにくっつけられる
・磁石の反発や引き寄せで高速移動できる
・磁石でハンターを気絶させられる
・ロッカーや暗号機に近づくと2秒間移動速度50%アップ
・自分と仲間を治療する速度が20%アップ
・解読のスキルチェック発生率50%、難易度30%アップ

キャンベルはひどい鉱山災害を生き延びました。しかし、彼と共に働いてた他の探鉱労働者は彼のような幸運に恵まれることはありませんでした。その惨事は彼を殺しはしませんでしたが、彼の性格を暗く無口なものに変えてしまいました。彼は鉱山災害時に入手した隕石磁石を使って、鉱山労働者から地質探査員へと転職しました。そして、多くの報酬を得ることで鉱山の底なしの暗闇から離れたいと考えているのでした…

※意訳注意、参考程度にしてください。

スポンサードリンク

探鉱者 の立ち回り方

磁石を投げて他のキャラにくっつける

探鉱者は「磁石」を携帯しており、極性を+(プラス)か-(マイナス)に指定して好きな場所に投げることが可能です。

磁石が投げられると地面に落ちて、そこに他のサバイバーやハンターが近づくと、そのキャラクターにくっつきます。

磁石がついたキャラは+、または-の極性を帯び、そのキャラと探鉱者が近づくことで「反発」、または「引き寄せ」の効果が発生します。

探鉱者自身に磁石はくっつきません。探鉱者にはもともと極性が存在しており、いつでも好きなタイミングで自身の極性を+(プラス)か-(マイナス)に切り替えることが可能です。

チェイスが得意なサバイバー

同じ極性(+と+,-と-)が接近すると反発が発生

探鉱者自身の極性を+(プラス)に設定しておき、ハンターに+(プラス)の極性の磁石を投げつけてからチェイスすれば、ハンターとの距離が一定範囲内になると自動的に「反発」が発生し、距離を離すことができます。

暗号機に近づくと移動速度1.5倍

さらに暗号機やロッカーに近づくことで、2秒間移動速度が50%上昇します。この効果は80秒に1回使えます。加速スピードは割れ窓理論発動時と同じです。

磁石でハンターを気絶させる

異なる極性(+と-)で接近すると引き寄せが発生

「反発」や「引き寄せ」が発生した時にハンターがオブジェクトにぶつかると気絶します。オブジェクトにぶつかるまでの移動距離が長ければ長いほど気絶時間は上昇します。

磁石は30秒経過するごとに1つ増加し、最大で3つまで所持できます。探鉱者は磁石以外の道具を交換することも使用することもできません。

磁石の増え方やそれ以外の道具を使えない点は、祭司の「扉の鍵」と同じようなイメージですね。

治療速度を活かして負傷者を回復しよう

探鉱者は自己治癒時間、仲間の治療時間ともに20%アップしています。

負傷した仲間がいる時は、積極的に回復役に徹して治療してあげましょう。自身の治療速度も上がっているので起死回生で早く起き上がれるのもメリットですね。

暗号解読時のスキルチェックが唯一の弱点

探鉱者の弱点は、暗号解読時のスキルチェック発生確率が50%も上昇してしまうのに加え、調整難易度も30%増加(冒険家と同じ)してしまう点です。泥棒のスキルチェック発生率で10%増加なので、50%だとかなり頻繁にスキルチェックが発生するのではないでしょうか。

一方でスキルチェックが得意な人にとっては、完璧な調整を行うことで解読効率を上げることができるのでメリットになるかもしれませんね。

スポンサードリンク

探鉱者 の外在特質

外在特質 効果

隕石磁石

探鉱者は磁石を携帯している。タップかスワイプすることで、指定した場所に投げることができる。磁石は周りにいるキャラクターにくっつき、対象の性質をプラス極かマイナス極にする。(持続時間20秒)

同じ極性を持つ者は反発し合い、異なる極の性質を持つ者はお互いを引き寄せる。一定距離の範囲内から離れると引力は切断される。ハンターにも同極性の引力を切断することができる。

探鉱者は永久的に極性を持っており、自身には磁石を付けられない。他のキャラクターの極性は、1回の反発や引き寄せの後に消える。探鉱者はいつでも極性を切り替えることがきる。

30秒に1回、他のキャラと探鉱者の間で反発・引き寄せを発生させることができる。

磁石は探鉱者のための道具であり、他の道具は使用できない。


野外サバイバル
鉱山のトンネル内における過酷な労働環境により、探鉱者のサバイバルスキルが高まった。自分と他人の治療速度が20%上昇する。

磁石干渉

隕石磁石の磁場が暗号解読作業を妨害し、スキルチェックの発生率が50%上昇、解読難易度が30%上昇する。

磁界の強い磁力により、磁石の反発・引き寄せの最中にオブジェクトとぶつかると気絶する。(風船持ちのハンターには無効)ぶつかるまでの距離が長ければ長い程気絶時間が増加する。


磁石吸引
携帯している磁石は鉄製品に引き寄せられる性質を持つ。暗号機かロッカーの近くの一定範囲内に入ると、2秒間移動速度が50%上昇する。 この効果は80秒に1回使用できる。
スポンサードリンク

納棺師におすすめの内在人格(天賦)

危機一髪・中治り型(右下)

味方と連携が取れる場合に、一番おすすめしたい内在人格です。

「危機一髪」は、救助さえ成功させればいかなる場合でも、最低20秒の時間を稼げるため非常に有用です。 「中治り」は、誰かが殴られたタイミングを見計らって終わらせることで、全員が脱出する確率をあげることができます。

割れ窓・中治り型(左右)

暗号機やロッカーを利用した加速に加えて割れ窓を採用してチェイスに特化するのもおすすめです。

ハンター側から見た探鉱者の対策

現在調査中です。対策方法がわかり次第追記します。

探鉱者の背景推理

未実装のため準備中

探鉱者の衣装・携帯品

衣装

衣装(タップで拡大) 名前/入手法
初期衣装
魔物管理人

318

1,188

UR 魂を導く者
S6・真髄

携帯品

探鉱者の専用携帯品はまだ実装されていません。

サバイバーの全衣装一覧

サバイバーの全携帯品一覧

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントする