【第五人格】納棺師(おくりびと)の立ち回りと能力

アイデンティティV第五人格(IdentityV)に登場するサバイバー「納棺師」(おくりびと)の先行情報を掲載しています。納棺師のプロフィールやスキルを知りたい方は参考にしてください。

スポンサードリンク

納棺師アイソ・カールの特徴

おすすめ度
本名 アイソ・カール
性別
年齢 22
使用アイテム 化粧箱
解放条件 未実装
納棺師アイソ・カールのの主な特徴
・ゲーム開始時に15秒間味方の位置を把握できる。
・味方が近くにいると解読が15%遅くなる
・椅子に縛られたときの耐久時間が10%増加
・ロケットチェアに縛られても自力で脱出できる
・棺を使うことで、ロケットチェアに座ったサバイバーを遠隔救出できる
全サバイバー一覧

納棺師アイソ・カールの外在特質

外在特質 効果
納棺 霊枢を開くことで人形が召喚され同時に、自身に以下の特殊効果を与える。 附容返生―椅子に縛られた後霊柩の人形を通して転生し15秒間保護効果を得る。他のサバイバーが救出される度に霊柩の召喚数は増加する。同時に霊核から人形を召喚することができる。
化粧熟練 納棺師は他のサバイバーの姿形を記録しそれを人形に模すことができ、サバイバーに転生効果を与える。完成した後納棺師は自身の転生効果を消失する。
死に無頓着 椅子と蜘蛛の繭の耐久時間が10%増加する。多数椅子に縛られたサバイバーもしくは長時間椅子に縛られていたサバイバーは納棺できない。
対人恐怖 ゲーム開始時に全てのサバイバーを観察する。(持続時間15秒) 他のサバイバーと一緒に解読すると自身の解読速度が15%低下する。

納棺師におすすめの内在人格(天賦)

※準備中

納棺師の立ち回り方

主な立ち回り
1.出会ったサバイバーの姿を記憶
2.棺を設置
3.棺の人形にサバイバーの化粧を施す
4.そのサバイバーがロケットチェアに座った時に棺の人形に転生させる

味方の姿形を記憶する

ゲーム開始時に味方サバイバーの位置を15秒間表示できる。
これを利用して、近くにいる味方サバイバーに一度会いに行き姿形を記憶しよう。
そうすることで棺から転生させられるようになる。

ただし、納棺師は他のサバイバーと一緒に暗号解読を行うと解読速度が15%低下してしまうため、解読するときは一人で行いたい。

セルフ救助

納棺師はゲーム開始時に棺を1つ所持しており、好きな場所に設置することできる。

納棺師がロケットチェアに座らされた場合、あらかじめ設置しておいた棺にワープしてセルフ復活することが可能。

味方に納棺師が通常通り救助された場合は、棺の所持数が1つ増加する。

味方を遠隔救助

一度再会した味方には、画面右上のアイコンに化粧筆のマークが表示される。
納棺師は呼び出した棺内の人形に、上記のマークが表示されているサバイバーのメイクを施すことができる。

納棺師にメイクを施してもらった味方がロケットチェアに縛られた場合、納棺師と同様に棺内の人形を通じて転生できる。

人形に他サバイバーのメイクを施した場合、納棺師自身は棺から転生できなくなるので注意したい。

納棺師の動画

納棺師の中国版公式PV

納棺師のスキル紹介動画

納棺師のスキン衣装

  • 納棺師アイソ・カールのスキン衣装
  • 納棺師アイソ・カールのスキン衣装3
  • 納棺師アイソ・カールのスキン衣装4
  • 納棺師アイソ・カールのスキン衣装5

納棺師の衣装・携帯品

※準備中

サバイバーの全衣装一覧

サバイバーの全携帯品一覧

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • コメントする